良いロゴってどんなロゴなのか?ロゴ作成をする前に一度考えてみませんか?

良いロゴってどんなロゴ?【ロゴ作成】

最近はインターネット上に自分の会社のHPを持つ企業が増えたからか、ロゴ作成に特化したビズアップのような会社や、自動でロゴを作成できるツールなどもネットで見かけるようになりました。

ロゴ作成を依頼する前に、ちょっと考えてほしいことがあります。

それは、「良いロゴってどんなロゴ?」って事。

目立つロゴなら良いのか?そんな事ないですよね。

おしゃれなロゴなら良いのか?それもちょっと違いますね。

良いロゴとは、簡単に言ってしまえば、その団体の理念や進むべき道を表しているロゴなんだと思います。

その上で、ビジュアル的な信頼感や統一感が現れていればベストです。

具体的に言えば、経営者やスタッフのモチベーションを高め、同時に商品やサービスを外部の人に理解してもらう足がかりになる。

さらにビジュアル的に統一感が演出でき、団体としての信頼度もアップする。

そんなロゴが、ほんとうの意味で「良いロゴ」なのだと私は思います。

また、ロゴはその会社や団体のものであると同時に、お客様のものでもあります。

ロゴ作成をする時には、お客様の視点も考慮に入れつつ、良いロゴとはどんな物なのか?改めて考えてみることも重要です。

Comments are closed.